結婚契約書 なりたみらい結婚問題相談室

行政書士が契約書を作成します

沢田喜信
なりたみらい相談室 顧問
行政書士

クライアントの目的の達成のために知識と経験、人脈を駆使し、最新情報と幅広いネットワーク、適切な戦略により支援します。特に結婚問題と離婚・夫婦家族問題は主要業務として取り組んでいます。
また、なりたみらい相談室チーフカウンセラー鈴木陽子と連携していることで、柔軟性を持ち様々なケースに応じられるよう、十分な支援体制を整えています。

大切な人との大切な約束だからこそ、口約束ではなく「かたち」にしておくことが大事です。

婚約契約書
結納や結婚指輪にかわる婚約の証

結婚を決めたあなたに
婚約期間の誠意と安心の「お守り」

ご婚約おめでとうございます。

お二人の気持ちが固まり、ご家族へのご紹介や、これからが結婚式の手配や新生活に向けての準備などが具体的に進めていかれることと思います。婚約期間中は、互いの考えを尊重しながら助け合い、足並みを揃えて結婚準備を進めていくことが必要とされる結婚への助走期間です。

特に入籍までに期間がある場合(3か月以上)、その間に様々な課題や壁が見えてくることもあります。家族や親族の意見や希望もある中、当事者だけで全てを円滑に進めていくことができなくなることもあるでしょう。これから始まる結婚という未知の世界への期待と不安の気持ちでいっぱいの中、まだまだ決めなければならないことが沢山あるのも確かです。

だからこそ婚約中の互いの気持ちを引き締め、高め、更に絆を深めるそんなときこそ、ふたりの気持ちをしっかりと確かめ合いましょう。

「婚約契約書」
このようなおふたりのために

  • メモリアルとして、かたちにしたい
  • これからに責任と自覚をもちたい
  • 結婚準備を円滑にスムーズに進めたい
  • 家族に安心して応援してもらいたい
  • もしもの時(婚約破棄等)にスマートに解決したい etc

心のこもった「婚約契約書」を作成いたします。

【料金】一式 30,000円

婚前契約書
プリナップ 価値観を共有する結婚の証

結婚直前のあなたに
結婚生活の信頼と安心の「お守り」

ご結婚おめでとうございます。

婚約した時から力を合わせて結婚準備を進めてきたことで、いよいよ人生の晴れの日を迎えられるまで秒読みですね。

そこで大切なのが結婚生活に対するふたりの価値観の擦り合わせです。海外ではプリナップと呼ばれ、日本では婚前契約書がそれにあたります。

簡単に言うと夫婦のルールブックとなりますので、お互いの理解を深めて夫婦関係を確かなものとして継続していくための約束事の取り決めを入籍前に契約するものです。

これからの結婚生活における現実的なこと(お金のこと、仕事のこと、家事のこと、子どものこと、教育のこと、親のこと、財産のこと、など)について、入籍直前の現時点で決められることを話し合い、明確にしましょう。互いの漠然とした価値観について確認し合うことで不安を解消し、夫婦としての絆が更に深まるはずです。

「婚前契約書」
このようなおふたりのために

  • 明確に結婚生活を営むうえでの明確な希望がある
  • 初婚の若いカップル、授かり婚
  • 再婚同士、ステップファミリー(連れ子がある)
  • 熟年結婚、歳の差婚
  • 婚姻前の資産がある
  • 共働きや転勤がある
  • 実家の諸事情や宗教がある etc

※婚前契約は婚姻前の他人同士の時に締結する必要があります。(民法754条 夫婦間でした契約は婚姻中、いつでも夫婦の一方からこれを取り消すことが出来る)

愛のある「婚前契約書」を作成します。

【料金】一式 30,000円

事実婚(内縁)契約書
内縁関係である事実確認の証

事実婚(内縁)関係のあなたに
あえて入籍しない関係だからこその「お守り」

事実婚について、特に海外では日本の結婚と同じように当事者も周囲も普通の結婚のように事実婚を法的に保護し、認められているところが増えています。

しかし、現状、日本では「事実婚契約書」を作成することが主な解決策となっています。

婚姻の意思があり、同居もしており、冠婚葬祭に同席するなど、他者から見ても夫婦同然でありながら、何らかの事情で婚姻届を出していないふたりが、現時点では婚姻届に拘らない契約(公正証書)をきちんと交わしておくことで、互いの関係性が明確になり、安心して円満に幸せな関係を続けられるはずです。

「事実婚(内縁)契約書」
このようなおふたりのために

  • 結婚の約束をして同居している
  • 結婚式は挙げたが籍は入れていない
  • 今の関係に責任と自覚を持ちたい
  • うやむやな関係性を明確にしたい
  • 関係解消時のトラブルを回避したい etc

※公正証書にする場合は法的に効力が発生しますが、遺言についての取り決めはできません。(遺産の取り決めは別途「遺言書」で行うことになります。)
※内縁関係が成立するには同居が絶対条件となります。(住民票を同一世帯にし、世帯主との続柄を「未届の妻」と記載します。)また、別居を開始した時点で内縁関係は解消となります。

実情を鑑みた「事実婚(内縁)契約書」を作成します。

【料金】一式 30,000円
※公正証書にする場合には別途手数料がかかります。

© 2015 なりたみらい結婚問題相談室